製品について

ものづくりへの取り組み

全国でも有数の麻織物の産地であり、美しい風土の新潟県小千谷市。当社はこの地より始まり、1977年から現在まで一貫して職人の手仕事と伝統技法にこだわり、ものづくりに励んできました。当初は麻や綿麻素材ののれんやタペストリー、座布団などリビング関連が中心でしたが、その後は小千谷縮を使用したファッション、寝装品分野にも進出して多彩なラインナップの製品を開発しております。私たちは究極の布作りにこれからも挑戦して参ります。
会社概要を見る

展開アイテム

当社の製品はファッションやインテリア製品など多岐に渡りますが、一貫して麻素材を中心とした天然繊維でのものづくりを行っております。特に小千谷縮を当社で独自に改良した「縮布」を使用したファッション類は暑い夏にはとても重宝され、一度着たらやめられない着心地です。また、麻や綿のインテリア製品は個人のお客様から業者様まで幅広く使用されております。
縮製品をみる麻インテリア製品をみる

こだわり

当社は手仕事による色や風合いにこだわり、新潟・小千谷の地で染色、仕上げ加工の全てを行っています。染色、蒸し、仕上加工など、すべての工程をそれぞれ専門の職人が請け負って生産加工し、伝統を未来に伝えるべく日々切磋琢磨する毎日です。その職人たちの技の結晶である縮や麻製品を是非手にとってお楽しみ頂ければ幸いです。
素材・色について製造工程をみる

未来

日本には美しく豊かな四季折々の風景があります。伝統工芸はその土地が育んできた地域の宝であり、携わるものだけではなく、地域が共有する大切な財産です。伝統を守ることは大切、文化は尊重しなければなりませんが、世の中は日々進化しています。市場もどんどん開かれております。小千谷の縮が産業として羽ばたく日を夢見て、私たちはこれからもものづくりに励んでいきたいと思います。
新着情報を表示